グラエキア哲人王国 - 哲人
 グラエキアでは国家資格。(広義での哲学者と区別するために、ここでは哲人と呼称)
古代グラエキア哲学者の政治は哲学者が行うべきという思想に基づき、国家運営に参画する人材を要請する目的で設定された資格。
古今の哲学理解に加えて高度な教養科目や思想・政策筆記試験を課す大卒者試験を合格するか、大学院の哲人過程を修了するなどの方法がある。
所謂、科挙に近い。
 上記の国家資格に拠らない従来通りの意味での哲学者は、国家資格に拠る哲人と区別され、少なくとも哲人とは呼称されない。