世界観共有創作企画【西京Project】派生企画内企画【グラエキア哲人王国】についてまとめたwik

概要

 かつての「古代グラエキア」の栄華に心の拠り所を置き、政策や文化はしばしばその模倣や探求へと向く。
国家元主哲人王(初代哲人王)
国家標語「善く生きよ、しかして汝の知ざる事をよく知れ」
国花アカンサス
首都アテネ
公用語グラエキア語
 ギリシャ共和国を東西反転した地理。
バルカン半島南西端に位置する。地中海性気候を背景として農牧業が主産業。海運業も盛ん。
遺跡遺構や古代を再現した街並みから、観光収入も多い。
 人口比率は人間:亜人:モンスター=6:1:3。モンスターはケンタウロスやセイレーン、ハーピーやサイクロプスなど。
特色としては、異様な古代グラエキア文化への懐古と固執、哲人による支配などが挙げられる。

文化・技術水準

 妖怪が都市部にそう多くはいないため、機械文明はそこそこ進んではいる。
ブラウン管テレビやパカパカできないガラゲーもそこそこ普及している。
 衣服もTシャツやジーンズなど現代的なもの。
ただし、哲人王のひざ元である首都アテネの人々や哲人は好んで古代風の服装を好む者が多い。

グラエキア人

 古代グラエキア人の子孫を自称し、その文明文化の担い手であるとしている。
しかしバルカン半島では歴史を通じて諸民族の侵入と共生が繰り返された為に、近代のグラエキア人をそのまま古代グラエキア人の直系の子孫とみなすことはできない。
古代人とのつながりは血統ではなく、むしろ文化的な面、特にグラエキア語の継承に求められると言えよう。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

トップページ

全体メニュー

グラエキア哲人王国とは?

哲学について

その他

小ネタ

【メニュー編集】

メンバーのみ編集できます