世界観共有創作企画【西京Project】派生企画内企画【グラエキア哲人王国】についてまとめたwik

 アテネの一区画。他国の考古学を中心とした研究機関を広く招来・自己負担による進出を受け入れ、各国の研究所とその周辺は異邦人街のような外観となっている。
ここに研究所を置く機関は、考古学庁に申請すればグラエキア国土内の殆どの遺跡遺構の調査を許可される。
考古学者にとっては垂涎ものの環境であり、研究成果は考古学庁への報告を義務とする為にグラエキアとWinWinの関係を築いている。
研究機関による博物館や図書館も多く設置され、市民も申請さえすれば自由に利用できる。
 考古学者のみならず学芸員や歴史家や技師、様々な専門家が集う。

アテネ国立考古学博物館

 膨大な所蔵資料数を誇る博物館。学芸員や技師や学者等、多くの人材を抱える。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

トップページ

全体メニュー

グラエキア哲人王国とは?

哲学について

その他

小ネタ

【メニュー編集】

メンバーのみ編集できます